PR

コールドムーン2023見える方角と時間は?12月の満月の過ごし方や名前の由来も解説!

スポンサーリンク
2023年コールドムーンの見える方角と時間は?12月満月の過ごし方や名前の由来も解説!のアイキャッチ画像 学び
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

12月の満月コールドムーンの見頃の方角と時間を調べました。

  • コールドムーンのおすすめ方角:
  • コールドムーンの見頃時間:2023年12月27日(月) 16:30

2023年のコールドムーンの満月時間は2023年12月27日の朝9:33と、太陽が昇っている時間帯になります。

満月は太陽が昇っている昼間は見ることができませんので、見頃時間はその後の夕方の日が沈んでからすぐがおすすめです。

 

この記事は、コールドムーンについて

  • 2023年の満月の方角や日にち・時間はいつ?
  • 満月の時期のおすすめな過ごし方は?
  • 名前の由来は?

ご紹介しています。

 

この記事を読むと、あわただしい年末の押し迫った時期にやってくる12月の満月をどう迎えたらいいのかがよくわかります。

ぜひ最後までお読みくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コールドムーン2023の見頃の方角は?

2023年のコールドムーンの一番大きく見える方角は、東です!

この日の満月時間は太陽が昇っている時間に当たりますので、その日の太陽が沈んで暗くなる頃からが満月後初めて月を見られる時間となります。

西の空に太陽が沈むところを見送ったあなたの背中側、東の空に昇ってくるおおきな満月を見ることができますよ。

2023年のコールドムーンは、夕焼けの反対側に現れてくれます。

コールドムーン2023はいつ?何時?

2023年のコールドムーンは、12月27日(月)です!

一番大きくなる時間は、9時33分!

朝日が昇った後、太陽が出ている時間が満月時間になってしまうんです。

 

コールドムーンの一番大きな姿を見るには満月時間のすぐ後に夜になって昇ってくるとき

12月27日(月)16:30がおすすめです。

 

この時間なら満月になってからあまり時間が経っていませんので、大きな明るい満月を見ることができますよ。

コールドムーン(12月)満月の過ごし方

おすすめの満月の過ごし方は、

  1. 生活のリズムを整える
  2. ダイエットは控え、バランスの良い食事
  3. 激しすぎない運動

3つです。

満月の時期は事故が多いとか、体調を崩しやすいなどと言われていますよね。

年末のあわただしい時期には、なおさら気を付けたいところです。

人間の身体は6~7割が水分でできているため、月と地球の引力が大きくなる満月は私たちの身体の水分や血液にも影響が出てしまうとのこと。

それでは満月の時期はどう過ごしたらいいのでしょうか?
くわしく見ていきましょう!

生活のリズムを整える

東洋医学によると、満月の時期はエネルギーが満ちてきて体が活動的になってくる時期に当たります。

そのためやる気がどんどんアップして、ついいつもよりもやりすぎてしまう人が多くなってしまうんですよ。

やらなければいけない事が山積みの年末ともなれば、なおさら気も焦ります!

やる気エネルギーが最大の満月の日は、そんなやる気に任せて活動しすぎるよりも

「朝はきちんと朝食をとり、夜23~3時はできるだけ眠る」

といった、基本的な生活のリズムを整えるように心がけて過ごすことが大切なんですね。

睡眠の質を高めるために「北枕」もおすすめですよ。

ダイエットは控えて、バランスの良い食事

月が満ちていく期間は、人間の身体もどんどん吸収したい時期です。

その最大の日が満月ですので、体のリズムに逆らってダイエットするよりも

「体にいいものをバランスよく取り入れる」ことを心がけましょう。

ストレスに任せて食べ過ぎないように気を付けなくっちゃ!

ジャンクフードや好きなものばかりの偏った食事ではなく、

  • いつもは忘れがちなマグネシウムカルシウムなどミネラルに注目
  • その時期に必要な栄養素を補充してくれる旬の食材

これらをたっぷりとれるようなメニューで大きくなっている食欲を満たしましょう。

激しすぎない運動

やる気最大の満月の時期、どうしても運動もやりすぎになりがちです。

気分に任せて急にハードなトレーニングをしてもケガの元ですよね!

満月の日の運動は、ウオーキング程度の軽いものにしておきましょう。

何をするにせよ、やりすぎてしまうのが満月の日の注意点です!

いつもよりも冷静に落ち着いて過ごしていきたいですね。

コールドムーンの名前の由来は?

コールドムーン(12月)の由来は、その名のとおり寒い季節の月ということです!

自然の中で暮らすネイティブアメリカンたちにとって、寒い冬を過ごしていくことはとても厳しいことだったに違いありません。

農作物も育たない、狩猟する動物たちも少ないこの季節を乗り越えていくために覚悟をもって臨んでいたことでしょう。

現代の私たちのように防寒できる設備が少ない中、寒い空にきれいな月を見てひと時の癒しをもらっていたのかもしれませんね。

12月の満月は「コールドムーン」の他にも

  • ロングナイトムーン(長夜月)
  • クリスマスムーン(クリスマス月)
  • ビタームーン(苦月)

とも呼ばれています。

どれも12月の様子が思い浮かぶ名前が付けられていますね。

 

コールドムーン以外の満月の呼び方は?

コールドムーンのように、各月の満月にはそれぞれ呼び名があります。

1月 ウルフムーン(狼月)
2月 スノームーン(雪月)
3月 ワームムーン(いもむし月)
4月 ピンクムーン(桃色月)
5月 フラワームーン(花月)
6月 ストロベリームーン(いちご月)
7月 バックムーン(雄鹿月)
8月 スタジェンムーン(チョウザメ月)
9月 ハーベストムーン(収穫月)
10月 ハンターズムーン(狩猟月)
11月 ビーバームーン(ビーバー月)
12月 コールドムーン(寒月)

ネイティブアメリカンの生活の中から生まれたそれぞれの呼び名を見てみると、ただ1月2月…というよりも季節を感じられますよね。

自然と深く関わり、自然と共に暮らしているネイティブアメリカンは、満月に季節の移り変わりを感じさせる名前を付けてたのですね。

2023年コールドムーンの見える方角と時間は?12月満月の過ごし方や名前の由来も解説!のまとめ

夜空に輝く満月に願い事をしたり、呼び名をつけて親しみを感じたりと、人々は月を眺めて楽しんできました。

ネイティブアメリカンの間では「コールドムーン」という呼び方で親しまれている12月の満月について調査してみたところ、

  • 2023年は12月27日(月)9:33に最大の満月になる
  • 実際に見られるのは12月27日の夕方16:30以降がおすすめである
  • 満月の時は生活のリズムを整え、やりすぎないことが大切
  • コールドムーンの名前の由来は、冬の寒さの厳しさを表している

ということがわかりました。

 

年末の押し迫った時期に当たる2023年のコールドムーンですが、気持ちの焦る忙しい時期ならばなおさら夜のひと時をゆっくり満月を眺めることで一息ついて過ごしていきたいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
学び
スポンサーリンク
himebabaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました