PR

小田裕太郎の出身中学高校はどこ?年棒・プレースタイルや経歴も紹介!

スポンサーリンク
小田裕太郎の出身中学高校はどこ?年棒・プレースタイルや経歴も紹介!のアイキャッチ画像 エンタメ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

パリ五輪世代のエースFW、小田裕太郎(おだゆうたろう)選手。

2023シーズンはイギリス・スコットランドリーグのハート・オブ・ミドロシアンFC(ハーツ)へ完全移籍を果たすなど、U-22世代期待の若手です。

 

今回はそんな小田裕太郎選手について

  • 出身中学高校はどこ?
  • 年俸は?
  • プレースタイルや経歴は?

について調査してみました。

 

パリ五輪世代期待のエースストライカーについてご紹介しています。

ぜひ最後までお楽しみくださいね。

関連記事↓↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小田裕太郎の出身中学高校はどこ?

小田裕太郎選手の出身中学校は、兵庫県洲本市の洲本市立洲浜(すもとしりつすはま)中学校です。

小田裕太郎選手の出身高校は、兵庫県の神戸学院大学附属高等学校です。

[quads id=2]

中学校

小中学校時代は、地元淡路島で過ごされました。

洲本市立洲浜中学校

住所:兵庫県洲本市塩屋2丁目5−2
マップ:こちら
公式サイト:こちら

洲本(淡路島)はこんなに自然豊かなところなんですね↓

負けず嫌いだった性格と足が速かったという特徴を生かし、ご両親の勧めで小学1年生でサッカーを始められ、小学生時代は地元の洲本FCで6年間過ごしました。

今でもシーズンオフには洲本FCを訪れ後輩たちとふれあいを楽しんでいるとのこと。

中学生になるとヴィッセル神戸U-15に入団、片道2時間かけて練習に通いました。

中学生の小田裕太郎選手の新聞投稿です↓

[quads id=1]

高校

神戸学院大学付属高校はヴィッセル神戸とユース選手を受け入れる提携をしている高校です。

神戸学院大学附属高等学校

住所:兵庫県神戸市中央区港島中町4丁目6−3
マップ:こちら
公式サイト:こちら

小田裕太郎選手も、ヴィッセル神戸U-15からU-18に昇格するとともにこちらに入学し、神戸での寮生活(三木谷ハウス)が始まりました。

三木谷ハウス時代の小田裕太郎選手がこちらにいらっしゃいますよ↓

この投稿をInstagramで見る

 

Rikuto(@rs__1377)がシェアした投稿

高校時代には各年代での日本代表に選ばれ、2019年3月2種登録でトップ昇格を果たすと、その年4月ルヴァン杯でプロデビューされました。

[quads id=2]

小田裕太郎の年俸は?

小田裕太郎選手の年俸情報です。

2023年:調査中です

2022年:800万円(ヴィッセル神戸)

2021年:700万円(ヴィッセル神戸)

2020年:400万円(ヴィッセル神戸)

Jリーガーの年俸の目安
  • チームの中心選手や代表クラスの選手で約5,000万〜1億円(1億円超は、全体で30人程)
  • レギュラークラスの選手で約1,000〜5,000万円
  • 新人選手で約500万円

Jリーグ時代は平均的な年俸だったといえます。

ハーツでの2023年の年俸は調査中ですが、

  • ハーツの選手平均年俸:32万ユーロ
  • ハーツの21歳平均年俸:25万ユーロ

より考えると、平均でも251,000ユーロ=3700万円と大幅な年俸アップが予想されますね!

[quads id=1]

小田裕太郎のプレースタイルは?

小田裕太郎選手のプレースタイルは、何といってもスピードと正確なシュートです。

長身とスピードという特徴から「和製エムバペ(フランス代表・国内リーグでは4シーズン連続得点王)」と呼ばれ、スピードに乗ったドリブルと正確なシュートでゴールを決めてきました。

DFとの駆け引きから相手を置き去りにしてシュートまで持っていく場面などからも、足元の技術が確かなものであるということも言えます。

またメンタルの強さも小田裕太郎選手の大切な特徴で、チームが劣勢な時の途中出場からでもゴールを決められるタフさを持っています。

小田裕太郎選手のゴールシーンの画像はこちらです↓

 

[quads id=2]

小田裕太郎の経歴プロフィールは?

小田裕太郎選手の経歴プロフィールはこちらです。

小田裕太郎:おだ・ゆうたろう

生年月日:2001年8月12日(21歳)

出身地:兵庫県洲本市

身長・体重:181cm・70kg(2024年2月時点)

最終学歴:神戸学院大学附属高校卒業

所属チーム歴
  • ~2013:洲本FC
  • 2014-2016:ヴィッセル神戸U-15
  • 2017-2019:ヴィッセル神戸 U-18
  • 2020~2022:ヴィッセル神戸
  • 2023~:ハート・オブ・ミドロシアンFC(英スコットランド)

ヴィッセル神戸 U-18所属時の2019年3月に2種登録でトップ昇格を果たしました。

プロデビューは2019年4月、プロ初ゴールは2020年9月のJ1札幌戦です。

U-15より各年代で世代別日本代表に選ばれ、現在U-22日本代表としてパリ五輪を目指していらっしゃいます↓

この投稿をInstagramで見る

 

小田裕太郎(@yutaro_oda41)がシェアした投稿

初の海外移籍となったスコットランド・ハーツでの経験を活かし、オリンピックで活躍する姿を楽しみにしています。

[quads id=1]

小田裕太郎の出身中学高校はどこ?年棒・プレースタイルや経歴も紹介!のまとめ

パリ五輪世代のエースFW、小田裕太郎(おだゆうたろう)選手。

2023シーズンはイギリス・スコットランドリーグのハート・オブ・ミドロシアンFC(ハーツ)へ完全移籍を果たすなど、U-22世代期待の若手です。

 

今回は小田裕太郎選手について出身中学高校はどこで年俸やプレースタイル・経歴について調査してみたところ、

  • 洲本市立洲浜中学校卒業
  • 神戸学院大学附属高校卒業
  • 2022年の年俸は800万円
  • スピードに乗ったドリブルと正確なシュートが魅力である
  • 現在英スコットランドリーグ・ハーツで活躍している

ということがわかりました。

 

スコットランドで経験を積み、パリ五輪ではぜひメダル獲得につながるゴールを期待しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
himebabaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました